船越英一郎との”離婚調停”開始!!しかし、警察が松居一代の逮捕・事件化の可能性を捜査

警察が松居一代の逮捕・事件化の可能性を捜査か




女優・松居一代と夫で俳優の船越英一郎が、”離婚調停”をはじめたことが報じられた。

しかし、松居の起こしてきた数々の行為は、警察も見過ごす訳にはいかないようで…。



執拗に夫・船越英一郎(57才)を責め立てた勢いは鳴りを潜め、日々の生活がつらつらと綴られるだけになった松居一代(60才)ブログ。騒動はひと段落したかと思ったが、ここにきて事態は急変している。不貞の証拠として、ブログにたびたび登場した「恐怖のノート」が彼女自身の首を絞めている──。

 小花柄のワンピースで自宅から出て来た松居一代はいつにも増して集まったマスコミに笑顔を見せていた。9月4日、彼女は東京・霞が関の東京家庭裁判所に向かった。夫・船越英一郎との離婚調停に出席するためだ。

「松居さんは歩いて駅へ向かい、自ら切符を購入して電車を乗り継いで家裁へ行きました。笑顔のまま家裁に入って行きましたが、2時間の調停が終わって外に出てきた彼女は、報道陣から質問攻めにあっても口を閉ざして帰途につきました。その日、船越さん側は代理人が出席しました」(スポーツ紙記者)

 しかし、松居が真に心配すべきは離婚調停の行方ではない。全国紙社会部記者の話。

「実は警察が松居さんの逮捕、事件化の可能性を本気で探って捜査を続け、秒読み段階に入ったようです」

 元おしどり夫婦による泥沼の離婚騒動が一気にヒートアップしたのは今年7月。松居が自身のブログで船越のプライベートを次々と暴露し、さらにはYouTubeを用いて夫を攻撃する動画を次々にアップした。

「松居劇場」に沈黙を貫く船越は、すでに6月末に離婚調停の申立書を裁判所に提出。さらに騒動後、船越の所属事務所は、業務妨害と名誉棄損を主張して「松居一代に対する仮処分申立書が東京地裁で受理された」と発表した。

「騒動の当初、船越さんサイドの弁護士は名誉棄損などについて警察に相談していました。その件で警察が動いていることは各メディアが把握していたのですが…」(前出・スポーツ紙記者)

 しかし、水面下では名誉棄損だけではなく、松居逮捕に向けての動きが進んでいた。警察当局が注視したのは、松居が公開した船越のパスポートと「恐怖のノート」だった。



松居は7月5日にアップした動画で2冊のノートを画面に示し、《船越英一郎のノートです、これは。このノートのなかに、私がおかしいと思っていることがすべて書かれてありました…すべてです》と話した。前出・全国紙社会部記者が指摘する。

「そのノートには、船越さんのスケジュールや、離婚までのステップを弁護士と相談した際のメモなどが書かれているようです。ノートを入手した松居さんは、船越さんの不貞を証明する証拠として、ブログや動画で何度もノートに言及したものの、実際はそうした内容ではないらしい。ですが、そもそも警察が注目しているのは、その中身ではありません。船越さんの別宅マンションに置かれていたパスポートやノートを松居さんがどうやって入手したかという点です」

2011年、松居と暮らしていた自宅を出た船越は、自宅から徒歩数分の場にある別宅マンションで生活を始めた。その後、完全別居を決意してマンションの鍵を変えたので、松居は室内に立ち入れないはずだった。

「ところが今年の4月、松居さんはこの船越さんのマンションで“自殺狂言”騒動を起こしました。忍び込んで、遺書を置いてきたそうです。鍵や窓が壊された形跡がないことから、何かしらの方法で合鍵を入手し、入ったと思われます。その時に、室内に置いてあったノートや船越さんのパスポートを松居さんが、持ち去った疑いが強い。ある新聞記者が“警察もノートやパスポートの出どころに興味を持っているはずだ”と周辺取材を始めると、どうやら警察が、『住居侵入罪』での立件を目指しているとわかったそうです。今、各メディアはこぞって取材を進めています」(前出・全国紙社会部記者)

「名誉棄損」での摘発となれば、逮捕は免れて書類送検になるケースが多い。しかし、「住居侵入罪」の容疑となれば、逮捕される可能性は一気に高くなる。

 だが、婚姻関係がある場合でも「住居侵入罪」は成り立つのか。また、夫のノートやパスポートを勝手に持ち出すことは、「窃盗罪」にあたらないのか。九段下総合法律事務所の伊倉秀知弁護士が解説する。



「実は窃盗罪は夫婦の間では罪が免除されます。いくら夫婦関係が破たんしていたとしても、事件化はしない。ただし、『住居侵入罪』は親族間でも成立します。過去の判例では、孫が祖父の家にお金の無心に訪れた際、勝手に室内に入ったとして、『住居侵入』の容疑で逮捕されたケースがあります。なので、松居さんも該当すると思われます」

「住居侵入罪」は3年以下の懲役ないし10万円以下の罰金となる。

「単身赴任中の夫の家に妻が“浮気相手がいるのではないか”と疑って勝手に入り込み、浮気の証拠を探した場合も、夫の承諾がなければ『住居侵入罪』になります。また、一緒に住んでいる家の中で鍵をしている夫の部屋に妻が“浮気の証拠はないか”と勝手に入った場合も同様に罪に問われる可能性があります」(伊倉弁護士)

 一方で、「住居侵入罪」を犯して妻が浮気の証拠を持ち帰ったとしても、「窃盗罪」にはあたらない。

「ただし、そうやって入手した浮気の証拠は『違法収集証拠』とされ、離婚裁判で浮気の証拠として認められるかどうかは微妙なところ。裁判官によっては、証拠として認めないかもしれません」(伊倉弁護士)

 現在、松居逮捕に向けた捜査は急ピッチで進んでいる。

「すでに近隣住民への聞き込みが終わっており、船越さんの別宅マンションの防犯カメラもすべてチェックが済み、松居さんらしき人物の姿が映っていたといいます。警察としては、松居さんを“クロ”とみなして証拠を集めております」(捜査関係者)

 捜査が進むなかで船越や代理人が警察に呼ばれることもあったという。

「8月以降、捜査が本格的に進展し、船越さんも事情聴取を受けたそうです。船越さんは警察から、松居さんを逮捕するという話を聞いて青ざめていたそうです。『夫婦間の争いのことで母親が逮捕となれば息子に申し訳ない。逮捕だけは何とか避けられないか』と必死に訴えたといいます」(前出・全国紙社会部記者)

 離婚はしたいし、これだけ名誉を傷つけられた恨みがないはずはない。それでも「逮捕はやめてください」と頼む“夫”の姿を“妻”はどう見るのか。そもそも、その甘さがこの事態を招いたのかもしれないが…。


スポンサードリンク