市川海老蔵の“再婚”は、妻の姉・小林麻耶が最有力!!「すべて問題をクリアできるのは彼女だけと言ってもいい」

市川海老蔵の“再婚”は、妻の姉・小林麻耶が最有力




6月に妻を亡くしたばかりの歌舞伎俳優・市川海老蔵に、早くも再婚の話題が浮上している。

相手は、妻の実姉であるフリーアナウンサーの小林麻耶が最有力だとされていて…。



市川海老蔵(39)が5日に亡き妻・小林麻央さん(享年34)の七十五日祭と納骨を終えたことをブログで報告した。麻央さんが亡くなった6月22日も舞台に立ち、7月には息子の勸玄君(4)と1カ月に及ぶ歌舞伎座公演をこなした。8月中旬には家族でハワイ旅行するなど、ようやく心落ち着かせる時間ができた様子だ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「麻央さんとの心の整理をされたと同時に、これで再出発へ気持ちを切り替えたのではないかと思います。海老蔵と勸玄君の襲名披露、子育て、自分を見つめなおすこと、全てが動きだすでしょう。そして、どこかで“結論″を出さなければいけない状況でもあります」

 そこで、やはり気になるのが再婚の話だろう。現状では、麻央さんの姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(38)が“最有力候補”のウワサが絶えないのだが……。

「本来なら不謹慎ですが、襲名披露から考えると決して早くはない、むしろ急がなくてはいけない状況です。そこでひいき筋から麻耶さんを推す声が大きいのは確か。身内として梨園をある程度見ているから素養もあるし、もともと海老蔵のファン、そして何より子供たちがなついている。新しい女性を迎えるとなると、再婚は早すぎると批判を浴びるけれど、麻耶さんならむしろ好印象。すべて問題をクリアできるのは彼女だけと言ってもいい」(前出の川内氏)

 海老蔵と子供2人の1週間に及ぶハワイ旅行には、麻耶も同行。ブログの写真に海老蔵親子の後ろ姿が増えていて、おそらく麻耶が撮影しているものが多いと思われる。2人も関係を否定しておらず、まんざらではない様子。麻耶が梨園の妻になる日も遠くはないかもしれない。


スポンサードリンク