薬物疑惑の成宮寛貴 テレビ朝日は「1月ドラマ降板やむなし」!制作現場は大わらわ

成宮寛貴、テレ朝ドラマを降板!!

kuroyuri_narimiya_main


違法薬物使用疑惑がある俳優・成宮寛貴(34)。
2日に『FRIDAY』に報じられるや、本人と事務所は否定しているが、未だに真実が見えてこないのが現状だ。

ここに来て、さらに成宮を追いつめる事態が起きている。
来年1月からスタートするテレビ朝日系の新ドラマを、降板することになった。


12月5日午後、テレビ朝日の社内で緊急会議が開かれた。
来年1月クールの新ドラマ『就活家族』に出演予定の成宮を降板させるかどうか、局員はギリギリの選択を迫られており、その場は張りつめた空気が漂っていたという。

FRIDAYの報道によると成宮は、自室でコカインのみならず、2007年から厚労省が麻薬に指定した麻酔薬の一種であるケタミンや大麻まで吸引していたと友人男性に証言されている。それと共に、テーブルの上に置かれた“白い粉”に手を伸ばす彼の写真が掲載された。
成宮と所属事務所は「事実無根」と報道を否定し、同誌に対し法的措置の構えを見せているが、テレビの世界は複雑である。

なぜならば、テレビ関係者は

「番組スポンサーの問題です。白か黒かの真実性よりも、出資企業が気にするのはイメージのみ。スポンサーに降りられることだけは避けたい。続報を待ってから対応を決めるべきとの声もありましたが、すでにドラマは4話まで撮り終えており、降板か続投か、この時点で決めないと後戻りできない状況でした」


と語る。

気になる結論は、

「降板やむなしの方向になりました。制作現場は大わらわです」(前出・テレビ関係者)


とのことだ。

このドラマは三浦友和(64)と黒木瞳(56)の大御所ふたりが夫婦役で出演しており、娘役には前田敦子(25)が抜擢されていた。
成宮は前田の恋人役だったという。

スポンサードリンク