「逃げ恥」最終回20・8%!初の大台超えで有終の美を飾る 一度も数字落とさず「今期最高のドラマだった」

「逃げ恥」最終回20・8%!

news_header_nigehaji_koidance


女優の新垣結衣(28)が主演を務め、ブームを巻き起こしたTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回(第11話)が20日に15分拡大で放送された。
平均視聴率は自己最高を更新する20・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。


初回から一度も数字を落とすことなく視聴率を上昇させ、ついに初の大台超えを達成し、有終の美を飾った。
SNS上には「逃げ恥ロス」が広がっているほど。

初回10・2%は、2014年4月期に新設された火曜ドラマ「火10枠」としては初の2桁発進となった。
その後、第2話12・1%、第3話12・5%、第4話13・0%、第5話13・3%、第6話13・6%と右肩上がりに推移。
第7話13・6%、20分遅れで放送された第8話も16・1%、第9話16・9%、第10話17・1%、そして最終回の第11話は20・8%と、初回から一度も数字を落とすことなく推移。
人気は数字に直結した。

原作は講談社「Kiss」で連載されている海野つなみ氏による同名漫画。
求職中の妄想女子・森山みくり(新垣)が、独身会社員・津崎平匡(星野源)の家事代行として働くうちに、2人が従業員と雇用主という関係の「契約結婚」をしてしまう社会派ラブコメディーだ。

エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、新垣らキャストが披露する通称・恋ダンスは社会現象になった。
人気が高じて、撮影ロケ地のマンションを訪れ、写真撮影をするなど“聖地巡礼”を行うファンも出現するほど。
番組公式サイトで注意が喚起される事態も発生した。

最終回は、津崎(星野)がみくり(新垣)にプロポーズをする。
しかし、その突然の行動に津崎のリストラが影響していることを知ったみくりは複雑な気持ちになる。
その中、安恵(真野恵里菜)の誘いで副業を始めたみくりは、次第に本職である主婦の仕事が手に付かなくなる。
心の余裕がなくなったみくりは、優しい気遣いを見せる津崎にもきつく当たってしまう…という展開だった。

ネットでは視聴者が、「今季最高のドラマだった」「終わったけど続きが見たい!」「夫婦も越えたし20%も越えたし良かった」と絶賛の嵐だった。
スポンサードリンク