ノンスタイル石田、脚本舞台で井上へのボヤキ大連発!「迷惑かけられとるんや!相方に」

ノンスタイル石田、脚本舞台でボヤキを連発

o0535035611947599831


お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(36)が25日、大阪市内で上演された間寛平(67)主宰の劇団間座旗揚げ公演「恋の虫」に出演。

自らが脚本を担当したミュージカルに、口の悪い毒クモ役で登場。
当て逃げ事故を起こした相方・井上裕介(36)のことをボヤきまくるアドリブを繰り出し、笑いを誘った。


作品は若手芸人らを主体に上演された虫たちの物語で、毒クモに扮して登場した石田は、

「ほんと、エサが少なくて大変。特に今年は冬越すの大変。ひとりやから…

と、軽妙に自身を自虐する漫談をした。
続いて「年増の蛾」3匹との寸劇では、「ヘタクソ!テンポ良くやれ!」とダメ出しし、

「暴れたなるわ!最近迷惑ばっかりかけられとるんや!相方にも」

と怒り、退場する際にはドタバタ劇で飛び散った紙くずを拾いながら、「ホンマに俺は、いつも後処理ばっかり…」とボヤキを連発した。

さらに劇中では、「最近、すごく心に刺さる歌を1曲」と大事MANブラザーズバンドのヒット曲「それが大事」を歌唱し、歌詞の一部分である「負けないこと…逃げ出さないこと♪」と歌ってハッとしてみせ、荷物の台車を押す場面では

「大丈夫、大丈夫、俺は運転ちゃんとするから


と会場の笑いを誘った。

劇団は寛平が仕事が少ない若手芸人たちのために立ち上げたものであり、当初、脚本を手がけた石田は出演予定はなかったという。
しかし、最近になって毒クモ役の女優が事情で出演できなくなったため、スケジュールを調整して代役で入った。


スポンサードリンク