佐川急便が配達員の荷物叩きつけ認める!!「弊社の従業員で間違いありません」

佐川急便が配達員の荷物叩きつけ認める

20161226-00010003-bfj-000-1-view


12月6日、Youtubeに佐川急便の配達員が荷物を投げたり、蹴ったりしているとされる動画が投稿された。
動画は1分35秒間で、12月6日午前11時50分ごろに撮影したことが説明にある。

これに対し、佐川急便の広報担当者は「弊社の従業員なのは、間違いありません。」とコメントしているという。



マンションの前で、佐川急便の配達員らしき男性が、荷物を蹴ったり、放り投げたりと手荒に扱っている。荷物がある場所に台車を放り投げてもいる。

動画からは、荷物や草木の様子から強い風が吹いているのがわかる。台車の上に載せた荷物が次々と飛んでいく。すると、苛立ちを見せながら拾い上げ、両手で振りかぶって地面に叩きつける場面もある。

最後は、荷物を全て台車に載せて進み、画面から消えたところで終わる。



BuzzFeed Newsが佐川急便に電話で問い合わせたところ、広報担当者から

「弊社の従業員なのは、間違いありません。配達中のできごとです」

と、説明があったという。

荷物を乱雑に扱った理由について配達員の男性は、

「身勝手な感情でやってしまった。いろいろなイライラが重なっていた。反省している」

と話しているという。

配達員の処分は検討中で、担当エリアは明らかにされていない。
男性は現在、出勤しているが荷物を扱うような仕事をしておらず、事務作業をしているという。

佐川急便は乱暴に扱った荷物の特定を急いでいるが、未配達の記録が残っておらず、返送の記録はない。
男性によると、乱暴に扱った荷物の外装に異常が見られなかったといい、「配達は完了していると考えられる」(広報担当者)。

佐川急便は受取人が分かり次第、直接謝罪に出向くという。
そして、配達した品物の状態を確認し、対応を考えるそうだ。

動画からは、男性が明らかに苛立っているのが見て取れるが、男性が過度な仕事を任されていた可能性はないのだろうか?

「過度な負担を与えていません。本人は『初めてやった』と話しており、その時たまたま撮影されたのです」


今回の件を受け、全従業員に荷物の取り扱いに関する注意喚起をしたという。

「この度は弊社従業員の軽率な行動により、関係者のみなさまにご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。従業員へのモラル教育の再徹底を行い、再発防止に努めます」



自分が心を込めて送った荷物が乱雑に扱われるなど、誰が想像するだろうか。
もしも、会社の良くない体質を暴く要因となるならば、この動画は決定的なものだといえる。
スポンサードリンク