※画像あり 菅田将暉、フジ『アナ雪』特別エンディングでの悪ふざけに批判が殺到!「あの態度はない」

『アナ雪』特別エンディング、菅田将暉へも批判

and_517235

ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」が、3月4日にフジテレビ系で放送された。

度重なる番宣もされ、多くのアナ雪ファンが放送を心待ちにしていた。


しかし、いざ放送されてみるとフジテレビがオリジナルで制作したエンディング映像に、視聴者から批判の声が殺到。


そして、あの人気俳優にも批判が飛び火する事態となってしまった。




C6FIrtdVAAAIV4F



批判の原因を、テレビ誌の記者が語る。


「フジは放送前から『みんなで歌おう アナ雪』キャンペーンとして、視聴者から劇中歌『レット・イット・ゴー~ありのままで~』の歌唱動画を募っていました。そして放送されたエンディングでは、一般視聴者からの投稿映像に加え、局アナウンサーや芸能人も参加。これが映画の余韻をぶち壊したとして、ネットで炎上する事態となりました」


またエンディングに参加した芸能人の中には、「アナ雪」とは直接関係のない映画「帝一の國」の出演者が、番宣のために出演。

出演者の1人である、俳優の菅田将暉の態度に批判の声が上がっているという。


「菅田は、他の映画出演者と共に劇中歌の一部分を熱唱しました。その際、彼は目を大きく見開き、変顔でカメラに近寄っていくというパフォーマンスをしたのです。すると、その部分の映像や静止画が、SNSなどで拡散。これを観た映画ファンからは『ふざけすぎ! 映画関係者への敬意がない』『ディズニーの世界観を考えて、悪ノリは控えてほしかった』『あの態度はないだろう』と批判が殺到することとなりました」(前出・テレビ誌記者)


とはいえ、菅田は番宣のために出演したのだ。一部では、


「菅田もフジの演出に巻き込まれただけで悪気はなかった」



と擁護の声も出ている。


視聴者からすれば、期待通りではなかったエンディングに苛ついているところに、菅田のおふざけが加わったことでさらに苛立ったのではないだろうか。

もしも、エンディングをしっかりと放送したうえで、「みんなで歌おう」のコーナーを別枠に設けていたら、ここまでの炎上騒ぎにはならなかったのではないかとも思える。


19%と良い視聴率であったアナ雪だが、最後の最後で視聴者のフラストレーションがたまる終わり方となったしまったようだ。


スポンサードリンク