※画像あり 「右から左へ受け流す」ムーディ勝山の現在がヤバいと話題に

ムーディ勝山の現在がヤバいと話題に




「右から左へ受け流す」

このフレーズで一躍時の人となった、お笑い芸人のムーディ勝山。

しかし、徐々にテレビから姿を消し、一発屋芸人との称号も…。
そんなムーディの現在がヤバいことになっていると、ネット上で話題になっている。





2017年6月14日にムーディ勝山さんが、自身の営業風景と思われる画像をTwitterに投稿した。そこに写っているのは、デパートの紳士服売り場でマイクを握るムーディさんと彼を守る警備員……のみ。その2人以外の人影は皆無である。

素晴らしいのは、そんな状況であっても警備員さんはムーディさんを完全密着警備している点だ。そのガードっぷりは、ねずみ1匹入り込めない鉄壁さ。さらに、この写真にムーディさんは下記のコメントを添えている。

ムーディ勝山「何から守られているんだろう」

これはさすがにネット民も受け流せなかったようだ。昨日の17時30分につぶやかれたこのツイートは、6月15日10時37分現在、2万2000リツイートを超えて爆速拡散中である。なお、このツイートに対するネットの声は以下の通り。

「受け流す前に警備員さんが受け止めてくださってるのですね、きっと!」
「違う、周りがお前から守られているんだ」
「バックダンサー」
「シュール過ぎて最初合成かと思いました笑」
「スマホの待ち受けに使いたいなぁ」
「右から来たものじゃないですかね」
「え?開店前??」
「相方見つかったんですね!」

──ネット民は大喜び。ムーディさんのイメージや警備員の仕事熱心さが噛み合った奇跡の1枚……営業としては悲惨な状況だが、ネタとしては最高だったのではないだろうか。


スポンサードリンク