矢沢永吉が乗用車運転中にタクシーと接触事故!!双方ケガはなし…矢沢の後方確認が不十分だった

矢沢永吉が接触事故




ロック歌手の矢沢永吉(67)が、東京・港区内で乗用車を運転中にタクシーと接触事故を起こしていたことが21日、分かった。
双方にケガはないという。


警視庁麻布署や、同日夜放送のフジテレビ系報道・情報番組「ユアタイム」によると、21日の午後1時50分頃、港区南麻布3丁目の道幅が狭い路上で、対向車に道を譲ろうとした矢沢が後ろを確認せず車をバックさせた際、後方に停車していたタクシーの前のバンパーと接触したという。

タクシーに乗客はなく、双方ともけが人はなかった。

同署は、矢沢の後方確認が不十分だったとみて、物損事故として調べているという。
スポンサードリンク