松居一代の「動画」放送をワイドショーが控えるようになったヤバい理由とは?

松居一代の「動画」、テレビからなぜ減った?




連日にわたって動画サイト『YouTube』やブログを更新し、夫で俳優の船越英一郎(56)への攻撃を続けている女優の松居一代(60)。

大きな衝撃に包まれたこの行為だが、船越のタレント活動に支障をきたせば偽計業務妨害、社会的評判・評価を下げれば名誉棄損に問われかねないと法曹界から意見も出ている。

はじめは大々的に取り上げてきたメディアも、徐々に変わってきたようで…。



テレビ関係者は「松居報道に関しては、コンプライアンスに気を付けろ」と言われているという。その理由はこうだ。

「松居のYouTube映像をワイドショーなどではそのまま流してきましたが、偽計業務妨害等の罪に問われることになれば、それを垂れ流しした番組も、加担したということで責任を問われかねないからです」

 そのせいか、最近はイラストなどで紹介する方法をとっている。

 しかし、そこまでして松居の情報を取り上げるのはなぜか?

「すべては、視聴率です。昼間のワイドショーを見ている層は、ほとんどが中高年の主婦で、自身ではYouTubeを閲覧することができない人が多い。その人たちは、“今日はどんな映像がアップされたか”と興味津々で、チャンネルを変えながら各局を観ている。実際、松居ネタの時は、数字がハネ上がるんですよ」(前出・テレビ関係者)

 確かに、松居によって次々と更新されるブログやYouTube映像に興味を惹かれる人は少なくない。ただし、船越サイドはいまだに口を閉ざしている。松居一代単独劇場は、いったいいつまで続くのだろうか?


スポンサードリンク