上西小百合議員 大炎上中に阪神・藤川球児にツイッターで声援「近づくな」「阪神の質が下がる」と非難轟々

上西議員、ツイッターで球児応援するも「近づくな」の声




サッカーファンを怒らせて大炎上中の衆院議員・上西小百合氏(34)が18日夜、自身のツイッターに「よしっ、球児!」と投稿。
阪神・藤川球児投手が登板した同日の広島戦(阪神敗戦)をテレビ観戦していたとみられるが、猛烈な非難のコメントを集める結果となっている。



上西氏は藤川投手が登板した時間帯に「よしっ、球児!」と投稿。リンク先のインスタグラムには藤川投手のグッズ写真を投稿した。

 上西氏は阪神ファンを公言しているが、サッカー・浦和レッズのサポーターを敵に回してツイッターが大炎上している中での投稿には、猛烈な勢いでコメントがついた。

 「スポーツに関わらないでください」「次は野球か」「阪神ファンの方々、すみません、変なのが…」と散々な書かれようで、野球ファンからは「疫病神は野球界に近づかないでください」「やめて!野球みないで!」「阪神の質が下がる」とのコメントも。

 「仕事しろ」「暇なのか」とのツッコミもみられる。

 上西氏は、15日のサッカー・浦和-ドルトムント戦に関し「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と投稿。反発するサッカーファンの投稿に対し「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と、火に油を注ぐかのように投稿を続け、騒動が拡大した。

 議員事務所には殺害予告ともとれるファックスなどが届き、議員事務所は19日に警視庁に被害相談を行うことを明らかにしている。


スポンサードリンク