勸玄くん、宙乗り24公演完走!観客2000人から大歓声と拍手「エイエイオー!」「海老蔵、よくやった!」

勸玄くん、宙乗り24公演完走!




歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)と、長男の堀越勸玄くん(4)が27日、東京・歌舞伎座で「七月大歌舞伎」の千秋楽を迎えた。
およそ2000人の観客から、拍手と歓声を浴びた。



先月22日に海老蔵の妻、小林麻央さん(享年34)が死去し、父子は今月3日から悲しみを胸に出演してきた。勸玄くんは演目「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」で、海老蔵演じる神様の使い、白狐役。24日間24公演を完走し、歌舞伎史上最年少の宙乗りを演じきった。

 ラストの宙乗りでも父に抱かれながら高さ10メートルの空中から手を振り、観客2000人から大歓声と万雷の拍手が鳴り響いた。海老蔵の長女、麗禾(れいか)ちゃん(6)も駆けつけた。

 海老蔵は車で帰途につく際、歌舞伎座前の沿道を埋めたファン約500人に窓から両手を振って感謝。「エイエイオー!」「海老蔵、よくやった!」と声援を浴びた。


スポンサードリンク