今井絵理子議員の“不倫釈明”に、身内からも批判と落胆「こんな時にも障害児の息子を利用する」の声

今井絵理子議員の“不倫釈明”に、身内からも批判と落胆




人気グループ・SPEEDの元メンバーだった今井絵理子参議院議員が、不倫報道について書面で”略奪不倫”を否定するコメントを提出した。
しかし、その内容には身内からも落胆の声が上がっているという。

具体的には、どの部分なのか?



ある後援者の女性は「ホテルで朝まで過ごして、手までつないでいるのに、一線は越えてないという言い訳では、むしろ逆効果」と話し、参院選で今井に投票したという自民党員の男性は「ただでさえタレント議員として色眼鏡で見られているのに、もうかばいきれない」と肩を落とした。

同年代の党関係者によると「党内で市議との交際を知る者は少なく、この話を聞いて、今井ではなく市議に激怒の連絡を入れた人もいる」という。

「週刊新潮」(新潮社)によると、今井は7月中旬、橋本健・神戸市議会議員と大阪府内のホテルに宿泊、新幹線のグリーン車で手を握って一緒に眠っている写真なども報じられた。橋本議員は大阪大学歯学部卒業後、市議となって3選。記事によると、別居中の妻がいる2児の父親だという。

同誌の取材に橋本市議は「恋愛感情もありませんよ」と交際を否定し、今井は「男女の関係はありません」と回答。ホテルでは「深夜まで一緒に原稿を書いていた」と釈明したという。

記事が出た7月27日、報道陣が今井のもとに殺到したが、今井は「夕方までにコメントを出しますので」と手短に話し、逃げるようにその場を去った。そしてリリースされたコメントによると、橋本市議から「長いこと結婚生活は破たんしていて、別居している。妻と離婚の協議をしているが、近く離婚調停になる」と言われ、交際を申し込まれたという。

「私も好意を抱いていたのは事実ですが、市議の結婚生活が長く破たんし、現在離婚調停をしているとはいえ、法律上はまだ妻帯者なので“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています」(コメントより引用)

互いに好意を寄せている関係でありながら、ホテルで宿泊している時点で一線を越えており、約束も何もないのだが、「ただ、これだけは言わせてください。雑誌のタイトルであるような『略奪不倫』ではありません」と書かれている。

さらに、騒動と無関係な子育ての話についても言及されており、前出の後援者女性は「選挙のときに障害を持つ子どものことを前面に出しすぎて、“子どもを利用している”と批判されたのに、また今回も同じことを繰り返している」と手厳しい。

後援者女性がこれだけ厳しいことを言うのには、理由があった。

「彼女には彼女の良さがあって、期待して応援していたんですが、つい最近、私的な場所で今井さんと直接お話しする機会があったとき、今井さんが同棲していた恋人と別れたという話が出て、『今は恋愛には興味ない』みたいなこと言ってたんですよ。でも、実際にはもうすでに次の彼氏がいたわけで、だまされた感じがします」(同)

ただでさえ国会議員としての能力を疑問視され、厳しい目で見られている今井だが、この不倫スキャンダルで信頼は完全崩壊。ライフワークの障害児教育についての活動に対しても、世間の期待感は消えうせかけている。


スポンサードリンク