斉藤由貴、3度目の不倫発覚!!コンサートでも「私は出演しない」とスタッフを恫喝

斉藤由貴、3度目の不倫発覚




女優の斉藤由貴(50)に、24年ぶり3度目となる不倫疑惑が報じられた。
8月3日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、斉藤と内科医の男性が週4回も密会を繰り広げていたとした。

現在、斉藤の恐ろしい”性格”についても注目が集まり…。



自宅とは別に斉藤が借りた横浜・中華街近くのマンションで2人きりの時間を過ごしたり、横浜・伊勢佐木町の街を手をつないで歩いたり、お好み焼きで舌鼓を打ったりと親密な関係をうかがわせている。

「『文春』の記事では、この男性は横浜市内の内科クリニックを開業した、アメリカにも留学経験があるエリート医師。斉藤と逢瀬を楽しんでいるマンションの近くに豪邸で妻子と暮らしています。斉藤が数年前に通院したことをきっかけに仲が深まったようです」(週刊誌記者)

 斉藤にしても、1994年に結婚した2歳上の夫との間に一男二女の3児を持つ。敬虔なモルモン教徒として知られるが、W不倫となれば背徳行為ととられかねない。

 斉藤の所属事務所は、男性が斉藤のマンションを訪れたのは「往診」と説明し、不倫を否定しているが、手つなぎデートであれば患者と主治医の関係を超えている。

「斉藤は、独身時代の91年に故・尾崎豊、93年に川崎麻世(54)との不倫が発覚し、自ら事実関係を認めています。不倫癖が抜け切れないようですが、今回はW不倫なので世間の批判は一層高まりそうです」(スポーツ紙記者)

 今回の報道では、斉藤の隠された本性も明らかになっている。

今年2月、斉藤が自ら出演するコンサートに男性の招待席を手配。段取りミスで用意されていないことが分かると斉藤は激怒。「私は出演しない」とボイコットをちらつかせてスタッフを恫喝したのだ。

「7月に出演したテレビ番組で、斎藤は家庭での普段の様子について、『(叱るときは)すごい興奮する』『怒るとすごい怖くなる』と明かしています。冗談めかして話していましたが、キレ癖が裏付けられた格好です」(テレビ局社員)

 相も変らぬ不倫癖だけでなく、新たに激高癖まで明るみになった。自身のイメージダウンはもちろん、人気沸騰の出演ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の視聴率へ悪影響が及ぶのも必至の情勢だ。


スポンサードリンク