菊川怜が、9月いっぱいで『とくダネ!』降板!!「あっという間で、短い」

菊川怜が『とくダネ!』降板




タレントの菊川怜(39)が10日、自身が出演するフジテレビ『情報プレゼンター とくダネ!』のキャスターを、9月いっぱいで降板することを番組内で発表した。

菊川は今年の4月に実業家の男性と結婚し、私生活が変化したこともあり、番組側と話し合った末に降板を決めたという。



菊川は番組の冒頭「5年3カ月、とくダネと一緒に過ごしてきました。いままで応援してくださった視聴者の皆さま、小倉さんに感謝しています。あっという間で、短いなという感じがします」と話した。寂しそうな表情を見せながらも精いっぱいの笑顔で話した。

 番組には12年7月から中野美奈子アナウンサー(現在フリー)の後任として登場。小倉智昭キャスター(70)とコンビを組み、飾らないコメントなどが好評だった。

 今年4月に実業家穐山誉輝氏(48)と結婚して、私生活が変化したこともあり、番組側と話し合った末、降板を決めた。番組は現在、小倉キャスターを中心に、司会4人で進行しており、10月以降の新体制は検討中。

 菊川は9日までに同局を通じて「30代を振り返ると『とくダネ!』が私の基盤にありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。寂しくもありますが、1つの区切りとして新たなスタートの気持ちでいろいろなことにチャレンジしていきたい」とコメントしていた。


スポンサードリンク