”ゲス不倫”を演じる嵐・松本潤に「二股騒動を思い出す」「ラブシーン気持ち悪い」の声

”ゲス不倫”を演じる嵐・松本潤に「二股騒動を思い出す」




今年の秋、嵐・松本潤(33)主演の映画『ナラタージュ』が公開される。
この映画公開に、松本のファンは複雑な気持ちでいるという。

理由は、松本が演じる”役どころ”にあった。



しかし松本は2016年12月に女優・井上真央(30)、セクシー女優・葵つかさ(26)とのゲスな二股スキャンダルが報じられた身。ゲス不倫を描く同作を通じて、松本の真価が問われることになりそうだ。

松本が今回主演を張る映画『ナラタージュ』は、島本理生(34)の同名小説を原作とする恋愛物語。離婚が成立していない妻と別居中の高校教師・葉山貴司が、元教え子の女子大生・工藤泉との恋に走るというストーリー。葉山を演じる松本も、かつて二人の女性の間で苦しんだモテ男だ。『花より男子』シリーズで恋人役を演じた井上と極秘裏に付き合い、その井上にコッソリ隠れて、18代目中村勘三郎(享年57)の通夜で知り合った葵とも逢瀬を重ねるように。

 松本は当時、葵に骨抜きにされ、井上絡みで一度は破局するも「なんで俺こんなに会いたくなっちゃうんだろう?」などと甘〜い言葉で説得して復縁。紅白歌合戦間際の昨年12月、二股愛がスクープされる憂き目に遭った。

「『ナラタージュ』のストーリーは、見方を変えれば今井絵理子議員(33、比例、自民)ばりのゲス不倫。“禁断の恋愛”という意味では、松本と葵の4年愛も彷彿とさせる。『ナラタージュ』の役は、皮肉にも今の松本にピッタリの役。だが、ファンは間違いなく色んな想像がチラつくだろう。それにしても、一切スキャンダルに触れさせないくせに、わざわざスキャンダルを蒸し返すような不倫愛の映画に出るんだから行動が矛盾している」(報道関係者)

 すでに、一部ファンからも松本の『ナラタージュ』出演にあたって「変に生々しい」「二股騒動を思い出す」「松本くんのファンがこれ見られる?」「松潤のラブシーン気持ち悪い 」と非難が飛んでいる。松本とベッドシーンを共にするであろう有村架純(24)には「可哀想」と同情の声が上がっている。

 とはいえ同作は、松本にとって映画『陽だまりの彼女』以来、約4年ぶりの主演映画。さぞかし力が入っていることだろう。

 そんな松本に、冷水を浴びせるような報道もチラホラ出ている。公開を控える8月に、松本が出演するオムツCMを巡って、一部メディアで降板説が浮上。同スキャンダルから8ヶ月以上経った今も、事あるごとに葵や井上の話題が出るなど、二股報道が収束する気配がない。松本はこのまま、醜聞の嵐に引き込まれていくのだろうか。

「二股発覚後、ボロ雑巾のように捨てられた葵が開き直って爆弾発言を繰り返し、松本のイメージを悪くしているだけに、今は正念場。『ナラタージュ』が大コケして、2018年1月に始まる『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)のシーズン2に影響しなければよいが」(前出・報道関係者)

 二股スキャンダルの傷口が閉じる気配のない松本。『ナラタージュ』の演技で醜聞を吹き飛ばすことはできるのか。



スポンサードリンク