有村藍里、ロンハードッキリ企画で「架純ごめんね」 妹は何もコメントせず

有村藍里、ロンハードッキリ企画で「架純ごめんね」


出典:Twitter


4日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『金曜★ロンドンハーツ』に、女優の有村架純(24)の姉でグラビアアイドルの有村藍里(26)が出演した。

そこで藍里は、”ドッキリ”の企画で架純との不仲説に言及。
一体、何を語ったのか?



この日の番組では、タクシー運転手が身内のことばかり聞いてくるというドッキリを藍里に実施。ドッキリを仕掛けられた藍里がどう対応したのか、車内の様子を隠し撮りしたVTRがスタジオで流された。

 出発早々、運転手から「有村藍里さんじゃないですか? テレビ番組見ましたよ!」と声をかけられると、藍里は気づいてもらったことがうれしかったのか、にっこりと笑みを浮かべた。さらに、運転手は同番組の“ロンハー水泳大会”での活躍や、写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)に掲載されたグラビアを褒め、藍里が上機嫌になったところで、架純についての質問をし始めた。

 まず、運転手が「妹さんが出られているドラマとか映画は、欠かさず見る?」と尋ねると、藍里は「全部は見てなくて。でも、朝ドラ(『ひよっこ』)はすべて見てます」と返答。「今日のあのシーン良かった」など、ドラマを見た感想をメールで送っていることを明かした。

 続いて、ふだんから架純と連絡を取り合っているのか聞かれた藍里は「たまに遊んだりとか、友達みたいな感じで、一緒に買い物に行ったりしますよ」と答え、自分より架純のほうがしっかりしているので、架純が常に主導権を握っていると説明した。そして、週刊誌などで取り沙汰されている架純との“不仲説”については、「全然そんなことないですよ! なんで仲悪いってなるんだろう?」と否定。運転手が「(それを聞いて)ホッとしました」と言うと、「仲悪かったら、もう私テレビ出ないですよ。そんな仲悪くしてまでしたいことじゃない」と語った。最後にタクシーから降りたところで、ネタばらしされた藍里は「うそ……。架純、またしゃべり過ぎちゃって、ごめんね」と反省していた。

 スタジオでVTRを見たお笑いタレントの有吉弘行(43)は「不仲説に関しては、妹に話を聞かないと!」と、藍里の言葉は信じられないとコメント。それを受けてアンタッチャブルの山崎弘也(41)も「片方だけの意見は、危険だというのが今の風潮ですから」と同調すると、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)から「あの二人(船越英一郎/57と松居一代/60)に照らし合わせるんじゃないよ!」とツッコミが入り、スタジオの笑いを誘った。

「藍里は自身のブログに“まさかのドッキリ企画で、わたしが仕掛けられるとは思いもしませんでした”と投稿しており、ドッキリにはまったく気づいていなかったようですね。それだけに、架純と仲が良いというのは信用できる話だと思いますが、架純のほうは藍里についてほとんどコメントしないんですよね。有吉の言うように、架純のコメントを聞きたいですね」(芸能誌記者)――はたして真相は?


スポンサードリンク