市川海老蔵、愛娘のバレエ発表会を妻・小林麻央さんの姉である“麻耶ママ”に託す「奥さんになってもらったら」の声も

市川海老蔵、愛娘のバレエ発表会は妻の姉に…




8月上旬、都内のコンサートホールで名門バレエ教室の発表会が行われた。
女優の黒木瞳(56)や君島十和子(51)も娘を通わせたというバレエ教室で、歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の長女・麗禾ちゃん(6)もレッスンを受けている。

海老蔵に代わって麗禾ちゃんの発表会を見守ったのは、小林麻央さん(享年34)の姉・麻耶(38)だった。



「麗禾ちゃんは発表会の最初の演目『バレエスィート』と『眠れる森の美女』に出演しました。白いチュチュがとても似合っていましたよ。『眠れる~』では赤ずきん役で、演目後に子供たちが横一列になって挨拶をするときには、センターできっかけの声掛け役も担っていました。しっかり者の子が指名される大事な仕事ですよ」(観劇した人)

 名古屋公演中だった海老蔵は、残念ながら娘の晴れ舞台にかけつけることはできなかった。小林麻央さん(享年34)が亡くなって1か月半、海老蔵が愛娘を託したのが“麻耶ママ”だった。

「麻耶さんは麗禾ちゃんに声援を送る一方で、終演後には一目散に勸玄くん(4才)をトイレに連れて行ったり、ママ友に挨拶したり、みんなで記念撮影したりととても忙しそうでした」(前出・観劇した人)

 発表会の2日前にも、麻耶は会場入りしていた。その日は発表会のリハーサル。麗禾ちゃんを送り届けた麻耶は、ママ友と連れだって近くのカフェでおしゃべりを楽しんだ。

「リハーサル後、ロビーで麗禾ちゃんを笑顔で迎えていました。でもそのあと“本番まで体調を崩さないでくださいね”という先生からの注意には、一転して真面目な表情で耳を傾けていました」(居合わせた保護者)

 会場を出た麻耶と麗禾ちゃんはしっかりと手をつなぎ、顔を寄せあっておどけた様子も見せていた。

「麻耶さんは、麻央さんの治療のために移り住んだ都内のマンションで、今も“家族”同然の生活を送っていると聞いています。

 2人の子供たちはもちろん、海老蔵さんにとってもなくてはならない存在でしょう。ですから、支援者のかたがたから“麻耶さんに奥さんになってもらったら”という声も出てくるんでしょうね」(歌舞伎関係者)



スポンサードリンク