不倫の今井絵理子、事務所は連日クレームの電話が鳴りやまず…味方もまったくいない

今井絵理子、事務所は連日クレームの電話が鳴りやまず




かつて、日本中の人気を総なめにしたグループ・SPEEDメンバーの”ゲス不倫”が話題となっている。

参議院議員となった今井絵理子は、連日、事務所にクレームの電話が鳴り止まないという…。



不倫騒動の今井絵理子氏(33、比例、自民)と、Twitter上でスポーツファンと大立ち回りを演じている上西小百合氏(34)、両議員の炎上騒ぎが日々紙面を賑わせているが、共に1983年生まれという共通点が、ネット上で話題となっている。この同学年には、昨年不倫騒動で大炎上したベッキー(33)や、STAP細胞問題で名を馳せた小保方晴子氏(33)など“有名人”が数多く存在しているのだ。

 なかでもやはりホットなのは、いまだに何の処分も下っていない今井氏だろう。8月4日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、MCのダウンタウン・松本人志(53)が、「一線を越えてない言うても、あの手を握って東海道を越えとる」「下品なヤンキーカップルでもあんな寝方しない」などと、次々に痛快なツッコミを呈している。中でも、新幹線車内での爆睡に対して「勉強してくれてると思っていた有権者に対して失礼」との持論を展開したことが、ネット上でも称賛の声を呼んでいるようだ。松本の意見が共感を生む一方で、世間の目は既に今井氏を見放しているだけに、いよいよ進退に関わってくるのではとの見方も強まっている。

「『一線を越えていない』との弁明も、誰も信じていないどころか、むしろ、言い逃れにしか受け取られておらず、事務所は連日、クレームの電話が鳴りやまないとか。もはや党内にも今井氏を擁護する人間はおらず、辞任を迫られているようです。しかし辞任となると、最終的には本人の意思で決定しなければいけません。今井氏は当然、議員としての自分に未練があるため、まだその踏ん切りがつかないのでしょうね」(芸能記者)

 このようなバッシングの声の多くは、本人の耳にも確実に届いていることであろう。すぐにでも辞めたくなるようなものだが、それでも今井氏が議員に執着しているのには、何か理由があるのだろうか。

今井氏といえば、元夫の175R・SHOGO(37)と2007年に離婚し、以降はシングルマザーを続けている。そんなSHOGOとの息子は、生まれつき難聴の障害を持っていることも知られており、辞任の決意が出来ないのも、息子のためというのが一番の理由だと考えられている。しかし、この状況でいまだ議員を続ける腹づもりの今井氏に対しては、さすがに周囲もあきれ果てているのだという。

「シングルマザーですし、議員としての給料が手放せないのも分かります。しかし一方で、SPEED時代からの浪費癖が抜けず、生活レベルが下げられないという、皮肉めいた声まで聞こえてくるほどです」(芸能記者)

 かつては息子愛アピールで、多くのシングルマザーからの支持を得ていた今井氏だが、その息子を差し置いて及んだ不貞行為だっただけに、息子のために続けると言っても説得力はほぼない。ここは同じ、83年生まれのベッキーに、不倫炎上の対処の仕方を教えてもらうのも一つの手かもしれない。


スポンサードリンク