アメリカ・妊娠中に子宮頸がんが発覚した母…誕生した娘は”100万人に1人の難病”!!病の報告例は世界でわずか72人

妊娠中に子宮頸がんが発覚した母

アメリカで、第2子を妊娠中に子宮頸がんが発覚した母親がいた。

さらに、生まれた娘も”100万人に1人”と言われる難病を患っており…。

スポンサードリンク