市川海老蔵、今でも麻央さんの姉・小林麻耶&義母と一緒に暮らす!!ご贔屓筋からは「再婚するなら麻耶が一番」の声

市川海老蔵、今でも小林麻耶&義母と一緒に暮らす




歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻で、乳がん闘病中だった小林麻央さんが亡くなってから2ヶ月以上が経った。

早くも海老蔵には再婚の噂が飛び交うなか、ご贔屓筋のなかでは再婚相手としてある女性の名前が挙がっているようだ。



《我が家へ ようこそ》。8月28日、市川海老蔵(39才)は自身のブログにそう綴り、長男・勸玄くん(4才)と黒い子犬が戯れる写真をアップした。

「海老蔵さんのお知り合いの家で生まれた子犬で、お子さんたちが“どうしても飼いたい! しっかり世話をするから”と切望するのに海老蔵さんが折れて、新しい家族として迎え入れることになったそうです」(芸能関係者)

 小林麻央さん(享年34)が天国へと旅立ってから2か月あまり。悲しみはそう簡単に癒えることはないだろうが、海老蔵も家族たちも、少しずつ日常を取り戻しつつある。

 遡ること3日前の25日夕方、海老蔵の姿は羽田空港の到着ゲートにあった。長女・麗禾ちゃん(6才)と勸玄くんの手を引く海老蔵はグレーのパーカのフードをすっぽりと被り、表情には少しだけ長旅の疲労の色が浮かんでいた。

 それでも子供たちは無邪気で、勸玄くんはガラス張りのエレベーターに乗り込むと、外を一望して海老蔵に嬉しそうな笑顔を向けた。迎えの車を見つけた麗禾ちゃんは海老蔵の手をほどいて思わず駆け出していた。

 8月14日に主演する舞台『座頭市』の大阪公演千秋楽を終えた海老蔵は、18日から夏休みを利用してハワイへと足を運んだ。時間をゆったりととった8日間の旅だった。

「この時期に家族旅行するのは麻央さんが亡くなる前から決まっていたんです。一進一退の病状で、ベッドから起き上がるのもままならない状態でも、海老蔵さんたちは麻央さんが回復して旅行に行けることを最後まで願っていました」(歌舞伎関係者)

 ハワイ滞在中に海老蔵がブログに掲載した写真の中には、友人たちとにぎやかにテーブルを囲む様子もある。市川右團次(53才)や親交のある山田純大(44才)もスケジュールを調整して合流した。写真には写っていないが、そこには義理の姉・麻耶(38才)と義母の姿もあった。

「闘病中、ずっと麻央さんをそばで支え続けてくれた2人に対する、海老蔵さんからの感謝の気持ちもあったようです」(前出・歌舞伎関係者)



麻耶のブログには、麗禾ちゃんと勸玄くんがイルカと触れ合う様子が綴られている。

《念願だった イルカさんとのキス(中略)姪っ子甥っ子、2人とも嬉しそうでした!!
『明日もイルカさんと泳ぎたい』
 そう言ってもらえて、そう思えるくらい楽しかっただなんて、オバは嬉しいぞ》

自分のことを「オバ」と呼ぶ麻耶の言葉とは裏腹に、麻央さんの死後、母親代わりとなって奔走する麻耶の姿を本誌は何度も目撃している。麻央さんが亡くなって数日後、麻耶は今秋小学校受験を控える麗禾ちゃんを連れて、都内にある有名私立小学校のオープンスクールに参加していた。

 8月上旬には、麗禾ちゃんが通うバレエスクールの発表会で、客席の最前列に座って大きな拍手を送った。終演後、勸玄くんを一目散にトイレに連れて行く姿も見られた。

「今の麻耶さんは、遺された2人の子供たちのためにとにかく一生懸命で、自分の友達よりも“ママ友”といる時間の方がほとんどになっているそうです。子育てや嫁姑問題の話題に聞き入ったりと、結構楽しい時間みたいですよ」(別の芸能関係者)

 麻耶は、麻央さんの闘病中から子供たちの幼稚園の送迎をしたり、近所の公園で一緒に駆け回ったりしていた。

「麻央さんが自宅療養に切り替えたとき、海老蔵さんは“手狭だから”と都内の一戸建てからマンションへと引っ越しました。つきっきりになる麻耶さんとお義母さんの部屋を確保するという理由もあったみたいです。今でも、海老蔵さんは麻耶さんたちとその部屋で一緒に暮らしていると聞いています」(前出・歌舞伎関係者)

 海老蔵のご贔屓筋からはこんな声も聞こえてくる。

「海老蔵は大名跡である團十郎を引き継がなければいけないし、同様に勸玄くんも将来海老蔵、團十郎を継いで歌舞伎界を背負って立つ存在です。だからこそ、海老蔵には役者の道に集中してもらいたいし、勸玄くんにはしっかりと歌舞伎役者としての教育を受けてもらいたいんです。海老蔵がひとりで抱え込んで、全部が中途半端になってしまうのだけは何としても避けたい。麻耶さんなら、子供たちが戸惑うこともなく、そばで見てきた分『梨園の妻』の仕事を知っているわけですから、再婚するなら麻耶さんが一番ですよ」


スポンサードリンク