今井絵理子議員、これまでの男性遍歴がヤバすぎる!!14歳で熱愛・デキ婚・略奪2回…

今井絵理子議員、これまでの男性遍歴がヤバい!!




元SPEEDメンバーの今井絵理子議員の醜聞が止まらない。

妻子ある男性議員との不倫疑惑に端を発し、公職選挙法違反の疑いまで出てきた彼女。

だが、過去をさかのぼると、彼女の業の深さが浮き彫りになってきた。
『デイリー新潮』が報じる。



仕事より男に溺れる「安倍チルドレン」――今井絵理子・参議院議員(33)と、当時は神戸市議だった橋本健氏(37)の不倫をスクープした際、週刊新潮がタイトルに使用した一文である。(2017年8月3日号「仕事より男に溺れる『安倍チルドレン』元SPEED『今井絵理子参議院議員』の略奪不倫」)。

 もうお忘れの方もおられるかもしれないが、そもそもSPEEDのメンバーは昔から数々の熱愛報道で芸能ニュースを賑わせてきた。ここで改めて彼女たちの「男遍歴」を振り返ってみたい。トップバッターは今の状況を生み出した張本人、今井絵理子・参議院議員だ。

 ***

芸能人時代については「議員」の敬称を略すが、今井絵理子の「男」が初めて報じられたのは1998年、彼女が14歳の時に遡る。写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)が、同い年の男子中学生「Aクン」との交際を報じたのだ(1998年8月7日号)。

 交際というが、その内容は2人で動物園に行ったり、カラオケボックスで歌ったりと、意外にも年齢相応で他愛もないものではあった。しかしながら、トップアイドルグループのメンバーたる今井が少年の自宅を出ると、事務所の車が迎えにきたと記事にあるのは興味深い。関係者が交際を公認していたことが窺えるわけで、これは今でも珍しいケースだろう。

 SPEEDは99年10月に解散を宣言するが、その後も今井と「Aクン」との交際は続く。写真週刊誌『FOCUS』(新潮社)は2001年、少年と女子プロレスを観戦した時の写真を掲載した。ちなみに『FRIDAY』も同じ内容の記事を掲載している(01年8月17日・24日号)のだが、この時、今井は17歳。都内の私立高校に通っていた。

 前年は11月に故・蜷川幸雄氏が演出を手がけた『NINAGAWA火の鳥』に出演。01年度のゴールデン・アロー賞の演劇部門新人賞を獲得するなど、一定の評価を得た。彼女の純然たる芸能活動にスポットライトが当たったのは、SPEEDの再結成を除くと、今のところはこれが最後と言っていい。

次に大きく取り上げられたのも、結婚というおめでたい話題だとはいえ、やはり私生活だった。女性週刊誌『女性自身』(光文社)が04年、バンド『175R』(イナゴライダー)のボーカル、SHOGOとの「熱愛」を報道したのだ。すると所属事務所を通じ、SHOGOとの結婚が発表され、更に妊娠4カ月であることも明かされた。

 夫は24歳、妻は20歳7カ月。早婚に、できちゃった婚が重なったわけだ。これに一抹の不安を抱いたファンは、どれぐらい存在したのだろうか。僅か3年後の07年7月、女性週刊誌『女性セブン』(小学館)は「175R・SHOGO(27)が疑う妻の“夜遊び”と親権の行方 元SPEED今井絵理子(23)『子供に会わせぬ』ですでに泥沼 でき婚から3年」という記事を掲載する。

 記事はタイトル通り、夫のSHOGOに同情を示した内容だ。夜に新妻は自宅を出て愛車のベンツでドライブするのだが、途中から後部座席に夫ではない男性が座り、愛息の姿は見当たらなかった、という場面が冒頭で描かれる。

 関係者が明かしたのは、結婚願望も強かったが、芸能人の座にも激しく執着する妻の姿だ。長男が11カ月になった頃から母親やスタッフに育児を任せて音楽活動を再開。夫が理解を示さなかったこともあって、離婚話が進んだという。

『女性セブン』の報道から2カ月後の9月、今井は正式に離婚を発表する。



ところが、この続報は現在に飛ぶ。『週刊新潮』の不倫スクープで今井議員への注目が高まり、離婚劇の真相にニュースバリューが生まれてしまったのだ。

 女性週刊誌『週刊女性』(主婦と生活社)は17年9月5日号で、フィリピン在住の映像ディレクター・冨重代機氏のインタビューを掲載。この中で冨重氏は、今井が結婚していた時期、自身が「間男」だったことを認める。

 肝心の事実関係は「芸能プロ」の関係者が明かすという構成になっているが、それによると冨重氏には半同棲状態の恋人がいたものの、それを24歳の今井が略奪、同棲生活をスタートさせたという。

 橋本健氏の場合は今井が「間女」となったが、他は非常に酷似した流れとなっている。似たことを繰り返していたというわけだ。

 時間を巻き戻せば、再び今井絵理子が時の人となったのは、16年2月9日。7月に行われる参院選の出馬を表明したことによる。すると『週刊新潮』が「今井氏はシングルマザーであることを政治活動の原点の1つに主張するが、実は交際相手がいて、その男性は児童福祉法違反容疑で逮捕歴がある」とスクープした。(「『今井絵理子』の『参院選』当確に違和感がある!」16年3月3日号)

 この交際相手は小中学校の同級生。数年前から那覇市内でピンサロの経営に乗り出したところ、15年3月に14歳の女子中学生と、16・17歳の無職少女2人を雇用、性的サービスを行わせた疑いで逮捕されている。

 自民党幹部は「今井氏は恋人を更生させようとしている」と必死に擁護するが、参院選で当選して今井議員となると男性と別れ、次は市議だった橋本氏への略奪愛へ乗り出していく。その経緯も週刊新潮が報じている(「『今井絵理子』が後見人に『離党でも辞職でも』と号泣した日」17年8月17日・24日号)

 記事によると今井議員が沖縄の男性と別れたのは16年頃。男性の父親が取材に、

〈息子は今井さんの子供を学校に送ってあげたりしていたけど、彼女は議員になってから全然帰って来なかったみたいで、今日はどこへ行って、帰らないまま別のところに行って、すれ違いどころか、会う時間もなかったと聞いています〉

 と明かしている。更に重要なのは、「橋本健市議が、妻と子供2人を置いて家を飛び出した時期と重なる」という事実だ。恋多き女と言えば聞こえはいいが、こうなると病気と呆れられても仕方がないだろう。いや、上原多香子と似た「業」さえ感じさせられる。

 ちなみに安倍内閣は今年8月に政府の基本方針を閣議決定しているが、その中に「夢を紡ぐ子育て支援」が謳われている。今井議員も立派な対象者の1人だが、出馬表明以来の「違和感」が消えない方も少なくないだろう。


スポンサードリンク