土下座を強要した?鈴木砂羽の演出舞台で2人の女優が降板するも、意見食い違う「決して言っておりません」

鈴木砂羽の舞台トラブル、意見食い違う




女優の鈴木砂羽(44)が初演出と主演を務める舞台『結婚の条件』(きょう13日開幕、東京・新宿シアターモリエール)において、出演を予定していた女優2人が開幕直前に降板する騒動になったことが12日、分かった。

2人の女優は、鈴木から”土下座を強要”されたと主張しているが、双方の意見は食い違っており…。



鳳恵弥(おおとり・えみ、36)と牧野美千子(52)で、2人の所属事務所が降板をSNSで発表。鈴木から「人道にもとる数々の行為」を受けたと主張している。関係者によると、9日の稽古で、2人が別の仕事のため稽古場を出ることでトラブルが発生。鳳は自身のブログで「2回通し稽古をしたかったのにできない」と罵倒され、「共演者の方にも土下座するように促され、頭を下げました」などと訴えた。

 一方、プロデューサーで劇団クロックガールズ主宰の江頭美智留さんは文書で「私のスケジュール確認ミスにより2回目の通し稽古ができなくなったことが原因」と説明。江頭さんが謝罪したため2人も謝罪し鳳は床に正座した状態で頭を下げたといい「鈴木さんから土下座するようにとは決して言っておりません」と否定。罵声についても「全くありません」としている。双方の説明が食い違う中、舞台は代役を立て、きょう13日から予定通り上演する。


スポンサードリンク