不倫疑惑の今井絵理子、「別居、離婚調停中と橋本さんから聞いた」育児放棄と言われるのは「心外」

今井絵理子、「別居、離婚調停中と橋本さんから聞いた」




『週刊新潮』の取材班は、元SPEEDメンバーの今井絵理子・参議院議員と、当時は神戸市議だった橋本健氏が不倫関係にあるという決定的な写真を撮影し、取材を申し込んだ。

今井議員はのらりくらりと質問をかわそうとしたらしいが、橋本氏からは「別居、離婚調停中である」と言われたと明言した。
『週刊新潮』が詳細を報じる。



多くの写真が揃ったが、実際に誌面に使われて大きな話題となったものの1つに「新幹線のグリーン車で二人とも眠りこけ、手をつないでいる」姿を収めたものがある。記者は今井議員に写真の現物を提示してインタビューを続けるが、今井議員はのらりくらりとかわそうとする。

――我々はホテルにご一緒に入られているのも確認していて、一度新幹線の中でもお見かけしているんですけれども、お二人で手をつないでいらっしゃる。そこはこちらも写真に撮っているんですよね。

今井絵理子・参議院議員(以下、今井) それは、どこからどこまでの間ですか?

――東京から箕面に向かう新幹線、グリーン車に乗ってらっしゃる時だと思うんですけれども(手をつないでいる写真を出して見せる)そういうところも目撃しているんですね。そうなった時に、僕らは男女の関係がないと判断することはできないと……。

今井 あー、はいはい、これ、寝てますね(笑)。

――おそらく、お疲れなんだと思うんですけれども。

今井 うん、いやー、これは覚えてないですよねー、すいません、寝ているところを、こう……これは、ちょっと、すいません。

――橋本さんが(手を差し出した)ということですか?

今井 私自身、ちょっとこれは……。あのー……。

――我々の取材の中で、橋本さんにも、橋本さんのご家族にも取材をしていて、ご家族は、そういう状態になっているとは……。

今井 (残りの写真も)見ていい?

――橋本先生と今井先生のことを話すと、橋本先生の奥さまは、これは浮気であるという認識でした。それは一般人の認識だと思うんですよね。これを否定するなら、それなりにちゃんとした説明をして頂かないと、今井先生の言い分では、奥さまも、我々も納得できないと。僕らの認識では、付き合っていない男女は手をつながないですし。

今井、いやあー、ごめんなさい。いやー(笑)。

――同宿しているなど、複合的な要因から……(編集部としては不倫だと判断している)。

今井 もちろん、もちろん、そうです。

――要するに、誤解を招く行動があったということですよね?

今井 そのー、そのー……。

――男女の関係はない、ということですか?

今井 はは(笑)。その、もし、こちらが(不倫関係ではないと)証明できるものがね、提供できるのであれば、もちろんそれは提供するし……。

――私人であれば、今井先生も独身だし、あれこれ言われる話ではないのかもしれませんが、やはり国会議員という立場にあるわけで、当然、国民に対して誤解を与えるような行為をとることに首を傾げざるを得ません。

今井 ええ、それはもう、分かります。それは仰る通りで、反省しています。で、また、あの、もちろん、そういった写真というか、そういうものがある、手をつないでいるということも、誤解を招く一因だというのはあります。
でもね、本当にそういったことで誤解を招いてしまったことは、本当に反省すべき点でありますし、今後ね、こういったことが、橋本先生以外でも、私、男性の方でも仲のいい方は何人かいらっしゃいますので、そういった方とも、きちんと気を付けてしていけたらいいなと思っています。

 ただ、その皆さんが思うような男女の関係があったとか、一線を越えているんじゃないかとか……好意は、正直申しますと、好意はお互いにあるとは思っています。それは、うん。でも好意があるからこそ、一線を越えていけないという風に私は思っています。それはきちんと、今、まあ調停中だからダメですけれど、まあそれは将来どうなるかは分かりませんが、ただ、お互い尊敬しあう仲間ではありますし、私も尊敬する一人でもあって、頼れる方なので、すべて、本当に私の軽率な行動が誤解を招いてしまっているのは、それはもう、受け入れています。えー、今後、えー、信頼をできる……えーっと、信頼をで……。

(隣に座っていたスタッフが『信頼を、回復』と教える)



今井 回復ね、できるように頑張っていけたらな、と。それから、もう一つ、質問書の中に書いてあるように、これはちょっとお話しさせて頂きます。息子のこと。今、育児放棄とか色々言われていますが、私自身、そういったことは全くない。時間の許す限り息子と一緒にいますし、息子が私の全てだと思っているので。そういった、また育児放棄と言われるのは、私の中では心外であって、このことは新潮さんにもね、息子との様子は、もちろん見て頂いているとは思いますが、そこら辺はちゃんとお伝えしたいところかなと。息子ありきで生活していると。

――橋本議員が調停中とか、別居中だとかは、橋本さん本人から聞いたんですか?

今井 はい。

――いつ頃?

今井 最近ですね。最初の頃は、そういったことは、プライベートなこと、プライバシーなので、あまり喋らないじゃないですか。やはり政策のこととか、政治の話が主だったので。
 
で、徐々に徐々に、プライベートの話をさせて頂く中で、今、そういう状態なんだな、そういうことなんだなって知るようになりました。だから、最初のうちは、そういったことは関係なく、政治のお話をしていただけですね。

――橋本さんは、ごく近しい方にしか、家族のことは話していないようなんです。今井先生に話をするというのは、それだけの関係になっていたということですか?

今井 まあ、大分後になってからですけどね。私自身も、前の彼のこととかは話さないので。うーん、それはやはり、信頼関係ができて、自分のプライベートを喋るということは、流される、ばらされるということも踏まえて、政治家なので。それは信頼関係の下で、お話し頂いたんだと思いますし、私だけではないと思いますけどね。

――先ほど、お互い好意を持っているということでしたが、今後、離婚調停が成立して、離婚となれば、交際も考えていますか?

今井 まあ、考えてはいきたいですけど、こればっかりは、私自身、こればっかりに集中するわけにはいきませんから。私はやはり政治の方のこともやって、政治家としてやっていきたいので、そこを考えるというよりかは……。



――離婚調停中ということですが、橋本さんのご家族からすると、子供がいる以上、そんな簡単に離婚はできない、と。先方のご家族に、そういう気持ちがある中で、同宿する、手をつなぐというのは、我々としてはいかがなものかと(思わざるを得ない)。徹夜で原稿を書く、何もないというのなら、秘書の方に一緒にいてもらうとか、それくらいの気遣いは必要ではないでしょうか。夜通し男女が同じ部屋にいるというのは何が起こってもおかしくないし、奥さまに対して何もなかった証明もできない。

今井 そうですね、うん。まあ、だから、そういった家族間のことなので、私はやっぱり橋本先生から聞く情報しか知らないので。そこら辺は何とも答えようがないですよね。申し訳ないですけれど。婚姻関係が破綻していたということと、別居中であるということとか、調停中であるというのを色々話しましたが……。

――それを聞いたことで、橋本先生と今井先生の関係に変化は生じましたか? 好意があって、離婚調停中なら、お二人の間で仲良くしても大丈夫だと思ったりしていたのでは?

今井 それはないですね。あの、そういうよりかは、何度も言うように、政策とか、そういった関係上にいるので、それがあったから関係がどうのこうのというのは、私の中で今まではなかったんですけれども。そういう風に、私のこの、本当に軽い気持ちで迷惑をかけているのであれば、申し訳ないなと思う次第で、改めて家族の意向をね、確かめて、ちゃんとね、それはそれで距離をもって、どんなに頼れる人でも、どんなに相談できる相手であっても、そういった家族の思いがあれば、それはちゃんと、私自身も引き締めてやらないといけないことだと思いました。


スポンサードリンク