鈴木砂羽の”土下座騒動”、降板した女優の事務所社長「私の中では収拾ついた」と終結宣言

鈴木砂羽の”土下座騒動”、終結宣言




女優の鈴木砂羽(44)が主演と初演出をつとめる舞台『結婚の条件』から、開幕直前に女優の鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が降板した問題が話題となっている。

これを受けて14日、女優2人が所属する事務所の関口忠相社長が、『スポーツニッポン』の取材に応じ「騒動の終結」を宣言した。



関口氏は納得のいかないところも多いとしながらも「はっきり言えば、私の中では収拾はついた」と騒動の終結宣言をした。

 問題となっているのは、鈴木から2人の女優への土下座の強要や罵声があったのか。13日の初日終演後に鈴木が涙ながらに全面否定したが、関口社長は「2人が床に座って謝っているように見えたと複数の人間が証言しているのが根拠」と主張した。

 もう一つの問題は鈴木が怒ったとされる理由。2人が仕事の都合で通し稽古に参加できなかったのが原因とされているが、関口社長は「スケジュールは事前に主催者へ報告していた」と改めて主張した上で「演出上の問題でうちの女優が何を言われても何の文句もないですが、演出と何も関係のないところだったのが降板を決心した理由」と説明した。

 ただ「私は現場に居合わせてはいなかった」と言い「双方の見解の相違ということもある」と対立を回避する意向も初めて示した。

 2人の女優についても「仕事のスケジュールは入っているし、気分を一新して次に向かってくれている」と説明。そのため「気持ちの整理はほぼついている」と話した。

 また、プロデューサーの江頭美智留氏からは「満額のギャラを払う」と打診されたと明かしたが「ギャラとしてなら受け取るつもりはない」と語った。


スポンサードリンク