不倫認めた斉藤由貴、契約中のCMをすべて降板!!エミネットは「このような形で決断せざるを得なかった事を残念に思う」

通信大手KDDIのブランド「au」と美容商品通信販売「エミネット」の2社と契約中だが、関係者によると、所属事務所から辞退を申し入れたという。

 エミネット社は「この度、東宝芸能様から斉藤由貴さんとの契約更新辞退の申し入れがあり、協議を重ねた結果、この申し入れを受けることと致しました」と説明。「斉藤由貴さんとは、女優とスポンサーの枠を超えて弊社エミネットと11年間親しくさせていただきました。今回このような形で決断せざるを得なかった事を、とても残念に思います」とコメントした。

 斉藤は、5月に神奈川県の手話普及推進大使に就任したが、10月8日に予定されている手話普及推進イベントへの参加を取りやめることも分かった。所属事務所は、イベントに参加しないことを認めた。同大使としての今後の活動については「未定」とした。

スポンサードリンク