松山千春、遅延した飛行機で熱唱することを許可した機長をライブに招待!会場にいた5000人のファンに紹介

歌手・松山千春(61)が14日、東京国際フォーラムで全国ツアーの東京公演を開催した。今年8月20日に新千歳から大阪への移動で搭乗した全日空機が1時間以上も出発遅延した際、機内で「大空と大地の中で」をアカペラで熱唱し話題となったが、この日はその便の機長を招待。機内での歌唱は「(許可した)全権を持つ機長の英断」と会場にいた5000人のファンに紹介し拍手でたたえ、生バンドで同曲や新曲「初雪」などを熱唱した。

実はこの機長とは後日、たまたま自分の友人の知り合いということが判明。その後は食事も共にしたという。この日のコンサートでは、当時の機内の様子や歌った経緯を語ったが、勝手に機内マイクを使用するのは航空法違反とあって、歌唱は機長が許可して実現していた。

 機内歌唱後もたびたび飛行機移動しているが「全日空のCAさんには『その節はお世話になりました』と言われるけど、JALのCAさんは冷たい」と笑わせた。そして「他の連中も大変のようだ。歌手は歌え!と思われているようだし。(笑福亭)鶴瓶から電話が来た。『お前は歌だからいい。オレは落語だぞ』と言われた」と思わぬ余波も語り、今後の歌唱には「もう二度とありえない」と話していた。

スポンサードリンク