叶恭子、彼女の人生の哲学「ブスなんかいない」

kyoko-j

今ネットで話題になっている叶姉妹の姉、恭子さんの名言。

ジョニーもいくつか恭子さんの心に刺さる名言を集めてみました。
笑いたくなければ、笑わなくていい

たとえ100万人の人が、どんなに楽しそうにしていたとしても、
そこに真から楽しめるものがなければ、
「この世にたった一人のあなた」は、無理に笑うことはありません。
恋愛は義務じゃない

すべての人が求めているかのような「恋愛」ですが、
本当は誰もがしなければならないものではありません。
その人にとって興味がなければ、一生しなくてもまったくかまわないのです。
コンプレックスは自分の理想と現実のズレ

わたくしも常に、自信とコンプレックスのはざまにいます。
けれども、それは他人と自分とを、
比較することで生じるものではなく、
自分の中の理想との関係によるもの、でしかありません。
パーフェクトじゃない部分がその人の魅力

それが人間であることの証しであり、
同時に、その人固有の魅力にも、つながることなのです。


ブスなんて居ない

まずは「ブス」という言葉を、あなたの辞書から追放しましょう。
受け取らなくていい優しさもある

「あなたのためを思って」と言う人に対しては、まず、
「自分のために生きてください」と、言葉を返していきましょう。
叶恭子の哲学

わたくしは自分の価値観で、生きています。

色々なことを言われているのは、知っていますけれども、
それによって、わたくしの価値観や生き方を、
変えるつもりはありません。

たとえ、そのことによって、誰からも好かれないとしても、
かまわないのです。

kyoko-j2
スポンサードリンク