大阪・長女監禁 衰弱死の女性、小5の文集に「お母さんにダンス見てほしい」 小6の3学期から突然、学校に来なくなり…

衰弱死の女性、小5の文集に綴ったのは…

大阪府寝屋川市の自宅で、柿元愛里さん(33)が衰弱死した事件は世間に大きな衝撃を与えた。
愛里さんは小学生の頃に精神疾患を発症したとされ、長い年月を自宅で監禁状態のまま過ごした。

次女に勧められて自首をした両親は2日、監禁と保護責任者遺棄致死容疑で府警に再逮捕された。

愛里さんは、学校に通っていた小学校時代はどのような子供だったのだろうか?
同級生が次のように証言する。

スポンサードリンク