豊田真由子氏、落選後初の取材に応じる…騒動後は憔悴したが「子供たちのことを思うと死ねなかった」

豊田真由子氏、「子供たちのことを思うと死ねなかった」

昨年、元秘書の男性に対する暴言・暴行騒動が発覚し、一躍時の人となった女性は、忘れようと思っても忘れられないほどのインパクトがあった。

その後の選挙落選以来、取材に応じていない豊田真由子前衆院議員(43)が、今の気持ちを『NEWSポストセブン』に明かした。
彼女は騒動をどう感じ、現在をどのように過ごしているのだろうか?

スポンサードリンク