未だ行方不明の『はれのひ』社長、道連れは20代妻と0歳娘…逃避行の前に歌った”意味深なタイトル”の曲とは

成人式を目前にした「はれのひ」の“夜逃げ”によって、現在、店舗があった横浜市や東京・八王子市には被害者から相談が800件ちかく寄せられているという。被害額は、およそ2億8000万円。説明もないまま逃げ回る篠崎洋一郎社長は、かつてこんな“きれいごと”を口にしていた……。

今回、「週刊新潮」は2014年9月中旬に行われた「はれのひ」横浜店の朝礼の音声データを入手した。篠崎社長は社員を前に、

〈僕が気をつけていることでもあるんだけども、心がきれいだとそこには色んな人が集まってきて、応援してくれて、我々が先に進んでいくことができると思っています〉

 といったご説法のほか、

〈来年(達成)できれば、ラスベガスに全員で行きたい!〉

 など取らぬ狸の“経営シミュレーション”を意気軒昂に語っている。だがこの目算は見事に狂い、16年9月には6億円以上の負債を抱え、約3億8000万円の債務超過に陥っていたという。

スポンサードリンク