ドン・ファンと55歳年下の妻、実際の出会いは著書の記述と違い…「そんなに死んでほしかったんか!」と通夜で遺族に怒鳴られる

ドン・ファンと55歳年下の妻、実際の出会いは著書の記述と違い…

”紀州のドン・ファン”こと、実業家の野崎幸助氏(享年77)が急死し、体内から致死量の覚醒剤が検出されたことが大きな話題となっている。

野崎氏の通夜の席では、55歳年下の妻が遺族から怒鳴られる場面もあったと『NEWSポストセブン』が報じている。

スポンサードリンク