桑名正博の“ニセ息子”、ポエムで無銭飲食を繰り返す!飲み屋で居合わせた客に近づき、『セクシャルバイオレットNo.1』を歌って…

「桑名正博って知ってる?」

 沖縄・那覇市内の居酒屋で、男はそう話しかけてきた。記者が「はい、まあ」と答えると、満足気にうなずき、ベラベラと自身の過去について語りだした――。

 人気ロック歌手の桑名正博氏(享年59)が脳幹出血で世を去って6年。「桑名正博の息子」を自称する人物が、連日、メディアを賑わせている。

「桑名乃羅(のら)を名乗り、『桑名正博の長男だ』と騙(かた)っては、無銭飲食を繰り返しているようです。飲み屋で居合わせた客に近づき、桑名正博さんの代表曲『セクシャルバイオレットNo.1』を歌って飲み代を払わせるという手口。まったく上手くないんですが、あまりの熱唱ぶりに客は信じてしまうとか。乃羅氏は日本一周旅行をしているようで、目撃情報は全国から寄せられています」(テレビ局記者)

 そんな「疑惑の男」に本誌記者が遭遇したのは、2018年2月のことだった。妻と沖縄を休暇旅行中、居酒屋でたまたま隣のテーブルにいたのが、乃羅氏だったのである。

スポンサードリンク