『FNS歌謡祭』オープニングで、「AKBが公開処刑」だと視聴者が騒然となったワケとは?

関ジャニ∞と東京スカパラダイスオーケストラの次に、同じくオープニングアクターとして登場したのが「冬の女王」こと広瀬香美と、AKB48のメンバーたち。

広瀬の大ヒット曲『ゲレンデがとけるほど恋したい』を2組がデュエットするかたちで披露され、AKB48の指原莉乃と柏木由紀はそれぞれソロパートも担当。しかし、生放送でのソロ歌唱とあってかかなり緊張していた様子。

続いて、圧倒的な歌唱力とカリスマ性から「アニソン界の女王」と謳われる水樹奈々も加わり、オープニングアクトのフィナーレは広瀬の代表曲『ロマンスの神様』を3組で熱唱。

ここでは、水樹と広瀬がメインパートを担当し、AKB48のメンバーたちがコーラスで支えるといった構成に。広瀬のパワフルなハイトーンボイスと、ビブラートが美しい水樹の力強い歌声が合わさった見事なコラボレーションに、会場も大いに盛り上がった。

スポンサードリンク