中国・意識回復を信じて介護し続けた母、12年ぶりに昏睡状態から目覚めた息子に涙「母の愛に勝るものはない」の声

意識回復を信じて介護し続けた母、12年ぶりに息子が目覚める

中国で、昏睡状態に陥ったままの息子の意識が回復することを信じて、12年もの長きにわたって介護を続けてきた母親がいた。

母親の子を想う心が通じたのか、息子が12年ぶりに目覚めたという。

スポンサードリンク