父が急逝し、母が鬱状態で私は放置子だった。でもある日、女の人に「何してるの?」と公園で話しかけられて…

放置子だった私に、声をかけてくれた女性は…

父が急逝し、母親が鬱状態で当時4才だった私は放置子だった。
お腹が空いても私の存在自体に気づかれず、公園で草やヘビイチゴを食べていた。

そんな私に声をかけてくれた女性がいて…。

スポンサードリンク