※画像あり アメリカ・息子の写真をラベルにしたワイン、両親が教師らにプレゼント!ユーモア溢れるメッセージも

オハイオ州デイトンに住むポール・サマーズさんとメアリーさんには3人の子がいる。いずれも「Ascension Catholic School(アセンション・カトリックスクール)」で学び、メアリーさん自身も同校で給食係として勤務していることから毎回、感謝の気持ちを込めてキャンドルや花などのクリスマスプレゼントを教師らに手渡していた。

今年はワインをプレゼントすることにしたサマーズさん夫妻だが、あるアイデアを思い付いた。そこでメアリーさんが印刷会社に勤める友人の協力を得て作成したのが、14歳の息子ジェイク君の写真をラベルとして貼り付けたオリジナルボトルだった。

ラベルには「Our child might be the reason you drink so enjoy this bottle on us(飲みたくなってしまう理由は、ひょっとしたらウチの息子が原因かも知れません)」とユーモア溢れるメッセージが添えられている。このラベルの見本ができた時、メアリーさんはジェイク君に見せたところ「面白いんじゃない? いいね」という答えが返って来たので、かつてジェイク君を教えたことがある教師ら10人にこれを配った。

ジェイク君の兄で「Ascension Catholic School」の卒業生であるダニエルさんが、12月18日に自身のツイッターにこの件を投稿したところ、大きな反響を呼んだ。

大抵はこのユニークなアイデアギフトに「いいね! 私も真似したい」「自分も教師だから、クリスマスにこういうユーモア溢れるギフトを貰ったら嬉しく思う」「ワオ、ご両親にアイデア賞のメダル上げてもいいんじゃない?」といったツイートが相次いだ。しかし一方で「自分の子をまるで問題児みたいにいうなんて酷い親」「これって、暗に教師が飲酒問題を抱えているような口ぶりじゃない? 失礼なのでは」といったサマーズ夫妻を非難する声も寄せられた。これを受けてサマーズ夫妻は、「もちろんラベルはジョークを込めて作りました。教師らには普段の感謝の気持ちを込めてプレゼントしたものであって、ジェイクを非難したものでも何でもありません」と反論し、ツイッターに投稿したダニエルさんもこのように話した。

「僕の両親に会えば、素晴らしい人物ということがわかるでしょう。両親は教師らが毎日6時間、25人の生徒を根気よく教えてくれていることに感謝していて、ほんの少しでも息抜きできるようにとワインをプレゼントしただけです。それに弟は、できの悪い生徒なんかじゃないですよ。もちろん完璧でもありませんが。」

世間の非難がどうであれ、このユーモア溢れるギフトを渡された教師らはとても喜んでいたようだ。このダニエルさんの投稿には44,000超のいいねが寄せられ、8,000件近くもリツイートされている。

スポンサードリンク