夫と義両親と釣りに行った息子が、溺れて意識不明…義両親「孫ちゃんが救命胴衣を勝手に脱いでしまった!」救助してくれた人「それは違いますよ!」

私は6年前に結婚、4歳の息子アリ。

義父はごくごく普通のサラリーマン。

空気のような人。

でも義母はブティックに

勤めていたことも影響するのか

派手好きでブランド好きで貴金属好き。

スタイルもいいし服にも化粧品にも

お金をかける。

まぁ、それは自分ちの家計内で

やりくりしているのなら別にどうでもいい。

ダンナはそういう義母をみて育ったので

反動なのか地味な私を選んだ。

義母と初めて会ったときに

言われた言葉が

「まぁ、こんないなかっぺ

大将みたいな子と・・・プ)」

だった。

私の勤め先が地元の漁業組合の

事務だったのだけれど、

そのことに関しても

「あら、まぁ、そんな荒っぽいところにお勤め?

だからそんなに服のセンスがないのね」

 

と。

チクリチクリと容姿や体型のことで

嫌味を言われつつ

1ヶ月に1回くらいしか会わないし

まぁいっかーとすべてを聞き流していた。

でも子供が生まれて

ひとつ我慢できなかったことがある。

それは義母が安全性や機能性よりも

「見た目」を重視すること。

服でもおもちゃでも自転車でも

私が選んだ安全性が十分なものに対して

「またそんなダッサイものを・・・

こっちのほうがカッコイイのに・・・」

 

と。

見た目は良くても明らかに安全性が

ないものを押し付けようとする。

もちろんそれはきっぱりと拒否してきた。

それが義母は気に入らず、

ずうっと腹の底にたまっていたらしい。

9月の日曜日、

私は友人の結婚式に招待された。

その日は1日ダンナが

子供を見てくれることになっていて

釣り好きのダンナは

子供を連れて釣りに行くといった。

私は息子から絶対に目を離さないこと。

救命胴衣を着させること。

自分も絶対に着ることを約束させダンナも了承。

 

次ページへ続きます

スポンサードリンク