愛知・トイレに座ったままのミイラ化遺体!死体遺棄容疑で女を逮捕 「部屋から異臭がし、住人と連絡が取れない」と大家が通報

逮捕されたのは愛知県岡崎市の無職の女(68)。

警察によると、女は去年8月から今年3月までに間に、自宅のトイレに遺体を放置した死体遺棄の疑いが持たれている。

23日、大家から「部屋から異臭がし、住人と連絡が取れない」と警察に通報があった。
駆けつけた警察官が、トイレの便座に座りミイラ化した遺体を発見した。

警察の取り調べに対し、女は「間違いない」と容疑を認めているという。

女は夫(75)と2人暮らしで、警察は遺体が夫とみて身元の特定を進めるとともに、経緯などを調べている。

スポンサードリンク