国選弁護人が、わずか数千円の金を奪って殺人した犯人の事件を扱った。 →後味悪い真相が発覚して…

国選弁護人が、わずか数千円の金を奪って殺人の罪を犯した事件を扱うと…

弁護士が昔、国選弁護人としてある殺人事件を扱った。

しかし、当の犯人は何を聞いても「よくわからない」と繰り返していたが…。

スポンサードリンク