63歳の神戸市職員、大卒を高卒と偽って勤務!38年でバレて懲戒免職に 市が匿名の通報を受ける

神戸市職員、大卒を高卒と偽って懲戒免職に

兵庫県神戸市は26日、最終学歴を詐称したとして、経済観光局の男性事務職員(63)を懲戒免職にしたと発表。

男性職員は大学を卒業していたのにもかかわらず、採用試験の際に履歴書には高卒と記載。
高卒以下に限定されている区分を受験して合格し、1980年5月から勤務していた。

スポンサードリンク