手記には出てこない、阿川佐和子の夫が離婚するまでの修羅場「不倫を経ての略奪婚」か?

阿川佐和子の夫が離婚するまでの修羅場とは?

5月18日発売の「週刊文春」で、独占手記という形で自身の入籍を発表したエッセイストの阿川佐和子さん(63)。お相手は、元慶應義塾大学教授のS氏(69)だ。

手記によれば、阿川さんがS氏と初めて出会ったのは35年前のことだという。
当時、S氏の自宅で開かれた新年会に、友人に誘われて参加したのがはじまりだったとされる。当時のS氏は妻帯者であり、阿川さんはそこでS氏の妻とも知り合っている。

阿川さんが手記にも記さなかった、Sさんが離婚するまでの修羅場とは?

スポンサードリンク